ロードバイクに関する情報が満載!

ロードバイクの基本テクニック「ブレーキ」

自転車に乗っていれば必ずブレーキを使用します。
ロードバイクでは、一般的なシティサイクルとは違うブレーキテクニックがあるのです。
まず、基本的にブレーキを掛ける際は前輪のブレーキレバーと後輪のブレーキレバーを同じ力で握ってブレーキを掛けます。
ロードバイクの場合はハンドルを握る位置にも注意が必要です。
フラット部分ではブレーキを掛けることができず、ブラケット部でも力を込めてレバーを握ることができません。
下ハンと呼ばれる部分でブレーキを掛けるべきです。
車が飛び出してきた場合など、急ブレーキを掛けなければならない状況があります。
ロードバイクで急ブレーキを掛ける際は、前後輪のブレーキを強く握ると同時にサドルからおしりを上げ、サドルの後方に落として重心を後ろに移動させます。
重心を後ろに移動させることで前方に掛かっている力を抑え、さらに後輪がスリップすることを防ぐのです。
しかし、この急ブレーキは高度なテクニックで、実行するには練習が必要です。

ロードバイクの基本テクニック「コーナリング」

ロードバイクで走っているとき、曲がり角などを曲がることを「コーナリング」と言います。
ロードバイクでのコーナリングは安全のためにも重要な事柄なので、しっかりとテクニックを学んでおかなければなりません。
最初に意識するのはコーナリング中のペダルの位置です。
基本的に、曲がる方向のペダルを上側に持っていき、逆方向のペダルを下側にしておくことを意識します。
こうすることで、コーナーを曲がっている最中にペダルを地面に擦ってしまうことが無くなるのです。
同時に、外足荷重という曲がる方向と反対側にある外側の足に荷重をかけて自転車を安定させるテクニックを使うこともできるのです。
下りのコーナーは特に慎重になる必要があります。
ブレーキングが間に合わず壁やガードレールに衝突してしまうことがあるのです。
ロードバイクの場合、下りの局面では自分が思っている以上にスピードが出てしまうものです。
細かなブレーキングを心がけ、遅くても良いので安全に曲がることが重要です。

pickup

2016/6/23 更新

Copyright 2015 Road to way All Right Reserverd.