ロードバイクに関する情報が満載!

ロードバイクは速く走るためだけの自転車

ロードバイクが一般的な自転車と大きく違うのは、道路を速く走るためという目的のためだけに作られているということです。
たとえば、普通の自転車にはカゴやスタンドが取りつけられています。
物を買ったときにカゴがあると入れて走ることが出来るので便利ですし、スタンドがあれば自転車を降りたときにそのまま停車させることが出来ます。
しかし、ロードバイクにはカゴもスタンドも基本的にはありません。
なぜかというと、走るときに重く、また邪魔だからです。
ロードバイクは車体を軽量化して速く走れるようにしているので、重さは10キロ未満なのが普通です。
これはカゴがついている普通の自転車の半分程度の重さです。
軽いことが重要なのに、カゴやスタンドをつけて重くするということはあり得ないのです。
また、タイヤが非常に細く、その分、空気圧が高いです。
タイヤが細いのは、出来るだけ設置面積を減らすためです。
普通の自転車についているタイヤは、設置面積が大きく、その分、摩擦のためにスピードが出ないのです。
ロードバイクは上記のような自転車なので、たとえば、通勤や通学の他に、近所に買い物に行くときにも使いたいという理由で購入するのは避けた方がいいでしょう。

ロードバイクとシティサイクルの違い

ロードバイクは、大きく曲がったドロップハンドルが特徴のスポーツ自転車です。
一般的なシティサイクルと違うのは、車体の重量とタイヤです。
シティサイクルの車重が20kg近いのに対し、ロードバイクの車重は10kg以下のことも珍しくありません。
最近では、完成車で5kgに満たない車種も登場しています。
自転車は、車重が軽ければ発進時に力を使わずに走り出すことができるため、信号が多い道路でもストレスを感じずに走ることができるのです。
また、坂道などを登る際も車重が軽ければ軽いほど負荷を掛けずに登ることが可能です。
さらに、シティサイクルのタイヤ幅が35mm前後という太さであることに対し、ロードバイクのタイヤ幅は23mmから25mmです。
この違いは一目で分かるほどで、タイヤ幅が細いと地面との接地面積が減るため、加速力が向上します。
加速力が向上すると言うことは、止まった状態からスピードに乗るまでの時間が短くて済むので、疲労を感じづらいのです。
他にも、一度スピードに乗ってしまえばペダルを漕ぐのを止めてもなかなか速度が落ちない利点があります。
ロードバイクは、シティサイクルと比べてあらゆる面で性能が高い自転車なのです。

注目サイト

wifiレンタルのサービスを安く利用することができます。

国内 wifiレンタル おすすめ

宝石広場は買取激戦区渋谷で25年の実績!

グランドセイコーのクォーツ買取

使いやすい介護ソフトを試すことができます。

介護ソフト

最終更新日:2017/10/11

Copyright 2015 Road to way All Right Reserverd.